記事内に広告を含みます
スポンサーリンク

ガンプラの表面処理を時短したい!おすすめモーターツール(電動工具)アルティマをレビュー

スポンサーリンク
改造工作Howto
改造工作Howto
スポンサーリンク

以前、ガンプラの表面処理は地味だが効果的という記事を書きました。

同時に、モーターツール(電動工具)を使えば時短できる点についても触れました。

今回は時短のためのモーターツールのお話をもう少し掘り下げ、主にペンサンダータイプの代名詞・アルティマについて解説・レビューします。

スポンサーリンク

ガンプラの表面処理を時短したい!楽したい!

表面処理にモーターツールは必要なの?

ガンプラの表面処理は、各パーツをしっかりヤスリがけすることになるため非常に時間がかかります。

時間がかかるだけでなく手も疲れますし、飽きることもあるでしょう。

そんな時は機械の力を使う、モーターツール(電動工具)がおすすめです。

表面処理の時短はモーターツールが一番楽です

前回の記事でも解説した通り、筆者のスタンスとしてはモーターツールは必須ではないと考えています。モーターツールがないと作業できない、ということはないからです。

電動工具なので、他のツール類に比べるとお値段が張るのもその理由です。

しかし、ヤスリがけが(心理的に)苦手な人や作業効率を上げたい人には断然おすすめです。

友人
友人

お金で時間と労力を買う感じかな?

筆者
筆者

うん、そんな捉え方でいいんじゃないかな

後は単純に電動工具ってかっこいいから持ってみたくなるよね・・・

モーターツールにはどんなものがあるの?

上記でも紹介した、リューターとサンダーの2種類があります。

リューター(ルーター)

先端を回転させて削る電動工具です。

サンダー

プラモデルで使うサンダーは主にペンサンダーと呼ばれるタイプです。

先端が往復運動してヤスリがけする電動工具です。高速で動くヤスリだと思ってください。

ガンプラの表面処理におすすめのモーターツールはどれ?

最初の一本ならぜひ、ペンサンダーをおすすめします。

ペンサンダーをおすすめする理由

  • ヤスリがけを代行してくれる道具なので、出番が多い
  • 代表的な使い方では合わせ目消し、エッジ出し/面出し
  • 磨きにも使える
  • 先端のビットを交換すれば、広い所から狭い所まで使える箇所が非常に多い

リューターはダメなの?

リューターがダメな訳ではありません。使い道が異なるためです。

リューターは回転させて切削する工具なので、ヤスリがけの代行とは少し違います。

使うビットのチョイスによってはヤスリがけにも使え、実は汎用性が高いのはリューターの方です。

しかし、汎用性が高い代わりにある程度使用に慣れが必要なこと、ガチの初心者はそこまで使いこなせないケースも想定できます。

ということで、まず最初はヤスリがけを代行してくれるペンサンダーから揃えると良いのではないでしょうか。

おすすめのペンサンダーは?

アルゴファイルのアルティマをおすすめします。

実はガンプラ/プラモデル向きの著名なペンサンダーはほぼ2強です。

  • アルゴファイル アルティマ
  • プロクソン ペンサンダー

アルティマは強度が無段階調整できる点、先端が前後に往復するため初めての人でも扱いやすい点が強みです(代わりに価格が上がります)。

友人
友人

なんかこのブログ、アルゴファイル製多いね

筆者
筆者

アルゴファイル製買って失敗したことがないんだよ~

ほんとに良い製品を作ってるメーカーさんだと思う!

筆者はアルゴファイル製が大好きなので、ちょっとひいき目入ってるかもしれません。

しかし、アルティマはモデラー達の高い支持を受けており、続々と後継品も登場している大ヒットサンダーです。ぜひ、手に取っていただきたいです。

アルティマは2種類あるけど、どっちがおすすめ?

アルティマは元々アルティマ5という製品が先発品です。これが多くのモデラーに大絶賛され、上位モデルのアルティマ7、5の後継品であるアルティマ5eが登場しました。

この2つ、同じアルティマシリーズなのですがコンセプトが違います。

アルティマ5eのコンセプト

  • 必要最低限のオプション
  • アンダー1万円で手に入る
  • しかしアルティマ5を上回る高性能品

アルティマ5eはアルティマ5の後継品ですが、5と比べて先端ビットのオプションなどが抑えられています。

このため、初代5より性能が上がっているにもかかわらず価格が安くなりました。

アルティマ7のコンセプト

  • アルティマシリーズの最上位モデル
  • 豊富なオプション
  • アルティマ5eを上回るパワーと使いやすさ

アルティマ5の上位モデルとして発売されました。

先端ビットの豊富さは変わらず、パワーが増し精度もアップ。なおかつフィードバック機能という、負荷がかかるとその分パワーを強め研磨力を維持する機能が付いています。

ガンプラのヤスリがけのみならアルティマ5eで十分!

アルティマ7はまさにフラッグシップで、パワーも強くフィードバック機能で扱いやすくなっています。

プラだけでなくレジンや木工など幅広く使うなら7が良いのではないでしょうか。実売価格も大きく差がありません。

ただ、5eも通常のプラを扱うには十分すぎる性能です。

コスト面も鑑み、ガンプラやプラモに使うだけなら5eで十分という判断もできます。

*参考までに筆者は後者の判断をしました 代わりに欲しい先端ビットだけ買い足し、リューターも併用してカバーしています

実際にアルティマを使ってみよう!

では、実際にアルティマが活躍した作業事例を写真でご紹介します。

プラ材を張り付けて延長工作をした際、段差ができてしまったケースです。

合わせ目消しの要領でヤスリがけが必要なのですが、段差もあり手でヤスリがけするには少し苦労する箇所でした。

これを、アルティマを使ってささっと処理しました。

先端ビットには紙やすりを両面テープで貼ります
手で均すには少しだけつらい段差です
大きめの四角ビットは広い面に有効です
アルティマは前後に高速移動します すごい速度でプラがヤスリがけされていきます
手では時間がかかる作業もあっという間です

アルティマのおすすめオプション

細い箇所への対応として、別売りのDTファイルという金属製の先端ビットがかなり使えます。

金属ヤスリで張替えが不要なのもポイントが高いです。

使用する際はコレットチャックも一緒に用意しておく必要があります。

DTファイルは金属製で、張替えがいらないのもメリットです
別売オプションとして、細い箇所に有用なDTファイルの紹介です
ピンバイスにも挿せます
手持ちの極小ヤスリとしても有効!

まとめ

  • ガンプラの表面処理の時短にはモーターツールを使うと良い
  • リューターという選択肢もあるが、初めてモーターツールを持つ人ならサンダータイプがおすすめ
  • 中でもアルティマ5eやアルティマ7は文句なしの性能

モーターツールも駆使して、是非時短&お手軽に表面処理にチャレンジしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました