記事内に広告を含みます
スポンサーリンク

HGUC シャア専用 ゲルググ 塗装・改修の作例【ガンプラ】

スポンサーリンク
塗装改造の作例
塗装改造の作例
スポンサーリンク

HGUC シャア専用ゲルググを改修、塗装して製作しました。2024年4月完成。

完成写真と主要な改修ポイントを掲載します。

もし初めての改造にHGシャア専用ゲルググを選んだ場合、参考になる箇所があればぜひ真似していただけると筆者としてもモデラー冥利に尽きます。

スポンサーリンク

完成写真

全身写真/バストショット

HGシャア専用ゲルググ正面画像
HGUCシャア専用ゲルググ背面
シールドにはシャア専用のマークデカール
HGシャア専用ゲルググ 俯瞰
HGUCシャア専用ゲルググビームナギナタ装備
モノアイは蛍光塗料で塗装済み ブラックライトで発光します

素組み時点と改造後の比較写真

HGシャア専用ゲルググは、キットのままだと肩が下がり気味で少し寸胴です。

MGのように少し細めの胴と上がり気味の肩を意識するとかなりスタイリッシュな体型に変わります。

体型を変更するだけでもかなりの変化があります
素組み時点と完成品の左右比較です

HGUC シャア専用ゲルググを正規価格で購入できるECサイト

2024年4月時点、Amazon及びDMM通販で正規価格で購入可能であることを確認しました。HGUCのガンプラとしては比較的在庫は潤沢な方だと思います。作って楽しいキットなので、是非作ってみてください!

DMM通販

DMM通販は正規価格で販売してくれます。売り切れの際は在庫なしと表示されますが、キャンセル待ちというガンプラを扱うECサイトではかなり珍しい仕組みがあり、キャンセルが出たら順番待ちができます。

Amazon(本店)

HGUC シャア専用ゲルググ(Amazon.co.jp)

AmazonはAmazon本店での販売であれば確実に正規価格の定価販売です。

他店であっても、定価の\1,650に\500~\1,000程度の送料を加えた約\2,500以内ならば定価販売ということになります。

HGゲルググ 頭部

HGシャア専用ゲルググ頭部改造箇所
HGシャア専用ゲルググ 首延長、モノアイ可動します
HGシャア専用ゲルググ モノアイ改造中写真です

モノアイ改造方法はこちらの記事で取り扱っています。

モノアイの発光表現

HGシャア専用ゲルググ モノアイはブラックライトで発光します

胴体部

胸部

HGシャア専用ゲルググ 胸部はMGをイメージしました

腹部

HGシャア専用 腹部は調整しています
HGシャア専用ゲルググ 腹部はスリム化、バーニアは内部を赤く塗装

腕部

肩アーマー

HGシャア専用ゲルググ 肩はしっかり改造済み
HGシャア専用ゲルググ 肩改修中写真です

肩アーマーの円形スジ彫りはこちらの記事で方法を解説しました。

上腕部

HGシャア専用ゲルググ 上腕部はスジ彫り中心

前腕部

HGシャア専用ゲルググ 前腕部
HGシャア専用ゲルググ前腕部改造箇所
HGシャア専用ゲルググ 腕部改修中写真です
HGシャア専用ゲルググ スジ彫り等多めにしました

合わせ目消しもしつつ、形状や自然さで段落ちモールドも取り入れました。

脚部

太腿

HGシャア専用ゲルググ 太腿改造箇所

スネ

HGシャア専用ゲルググ スネはスジ彫りを多めに追加
HGシャア専用ゲルググ 脚部は左右対称をがんばりました

脚部と腕部はスジ彫りを少し多めにしています。

スジ彫りカーバイトのサイズを多く用意して、なるべくスジ彫りの幅が画一的にならないよう彫り進めました。

スリッパ

HGシャア専用ゲルググ スリッパは後部を大型化、スジ彫り追加

武装

ビームライフル

HGシャア専用ゲルググ ビームライフル改修箇所

HGUCシャア専用ゲルググのライフルはザクマシンガンと同様、バレル部に合わせ目が出ます。おまけに遮るように溝(凹モールド)が入っており、合わせ目を消すのが慣れないと厄介です。

最近必勝法を覚えて、かなり慣れてきました!ザクマシンガンの合わせ目消しを消すコツという超ドマイナーな記事もよろしければご覧ください。

シールド

HGシャア専用ゲルググ シールド改修箇所

ビームナギナタ

HGシャア専用ゲルググ ビームナギナタ改修箇所
HGシャア専用ゲルググ 武装類は少なめだった分時間を掛けました

ビームナギナタは何もしないと結構先端が丸いです。シャープ化しました。

ゲルググのシールドはヒケの見本みたいなパーツです。処理方法も別記事で解説しました。

HG シャア専用ゲルググの塗装について

ザ・シャア専用!というカラーは敢えて避け、少し重々しいカラーリングを目指しました。

下地には黒を選択し、上から赤を重ねています。

ただしバーニア内部は定番通り、明度の高い赤になるよう塗装しました。

HGシャア専用ゲルググ 黒をベースにグラデ気味に、渋くなるような配色にしました

塗装は主にエアブラシを使って行っています。

タイトルとURLをコピーしました